にきび痕ができる原因について

多くの人が悩むにきび痕というのは色素沈着の事で、にきびができた時に掻きむしってしまったり、にきびの中の膿の部分をつぶした時にできてしまうといいます。にきび痕というのはシミなどとは違って、傷ができた所に色素沈着したものです。

たとえにきび用の薬を使っても治すことは難しいでしょう。にきび用の薬は使わないように注意したほうが良いのは、にきび痕ができてしまった場合です。

もしにきび痕ができてしまった後にお手入れをしないで放っておくと、症状がひどくなり、クレーターと呼ばれるでこぼこが肌表面にできてしまうこともよくあるといいます。

どういう状況でにきび痕になるのかを知っておくことが、にきび痕ができてしまわないようにする為には不可欠ではないでしょうか。

たくさん皮脂が分泌されると毛穴に溜まるのは、毛穴には皮脂線があるからです。毛穴にアクネ菌と呼ばれるにきびの原因ともいえる細菌が入り込むことによって炎症を起こして、にきびができます。

白っぽい膿が毛穴の中にはたまりますが、たくさんの膿がにきびがひどくなればなるほどできてしまうといいます。皮膚組織の細胞がアクネ菌による炎症で傷つけられているのが膿がたまっている部分で、元の状態に細胞を回復しようとしてコラーゲンをたくさん作って復元しようとします。

軽いにきびの症状が出ている場合には、元通りにきれいにリペアされます。肌の表にでこぼこが残ってにきび痕になってしまうのは、にきびが大きく、たくさんの膿が出た場合です。

にきび痕の種類

いろいろと種類がにきび痕にはあり、症状が重たくなれば皮膚科で診てもらったほうが良い場合もあるので、やめたほうが良いのは、よく考えないで自己判断による治療をすることです。

一番多く見られるのは、にきびができた所に色素沈着を起こしてしまい、皮膚が黒ずんでしまう種類のにきび痕です。

にきび痕が色素沈着によって起こるのは、にきびを掻きむしったりしなくても、膿がつぶれてしまうだけで、痕になってしまうからです。

比較的症状の程度は重くない場合とされているのが、にきび痕の中でも最もよくある種類である、色素沈着によってできるものです。

症状がもっと進んでしまうと、クレーター状ににきび痕がでこぼこになって、なってしまうというものもあるようです。

にきびがつぶれて皮膚組織が破壊されることによって皮膚がえぐれて、肌表面がでこぼこした状態になることで、にきび痕がクレーターのようになってしまうといわれています。

もっと皮膚組織がひどい状態に破壊されてしまうと、ケロイド状ににきび痕が盛り上がってしまう場合があります。ケロイド状のにきび痕は、皮膚組織の破壊が何度も繰り返される事が原因です。

毛穴の組織自体がなくなってしまった為にケロイド状になってしまうのは、くりかえし皮膚組織が損傷することが原因です。

コラーゲン線維が重なり合って盛り上がりを皮膚に作るのは、何回も皮膚組織が崩壊することによります。一番ひどい状態だといえるのは、いくつかある中でもケロイド状のにきび痕でしょう。

治療方法が、にきび痕をなおすときにはそれぞれの症状や種類によって違うので要注意です。クレーター状やケロイド状のにきび痕の場合は特に皮膚科で診察してもらったほうが良いでしょう。

リンク集