洗顔をしながら肌のコンディションを確認

スキンケアの一つに、石鹸で洗顔をするというものがあります。洗顔フォームやクレンジングが肌に合わない人にも石鹸洗顔はおすすめですが具体的にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

石鹸を用いた洗顔の魅力は、角質を傷めずに顔を洗えることにあります。お肌に洗顔料が残らないように、ぬるま湯を使うという方法があります。

界面活性剤が肌についたままだと、角質に損傷を与えます。新しい皮膚がしっかりできて、古くなった皮膚が剥離するようになるまで、角質層の皮膚を残しておくことができます。

石鹸を使って顔を洗う時には、まず手のひらで石鹸の泡をつくり、その泡を顔に30秒乗せながらのばしていくといいでしょう。

石鹸洗顔のデメリットは、アルカリ性であることによって敏感な肌にとっては刺激を与えすぎてしまうことです。皮膚が乾燥しないように、洗顔フォームに含まれる界面活性剤には保湿成分があります。

短時間で顔を洗うなどの点に気をつけることで、皮膚の保湿を維持しながら石鹸を使って顔を洗うようにすることが大事です。

石鹸を使う前に、クレンジング剤によるメイク落としと、ぬるま湯での簡単な洗顔を済ませておくという方法もあります。

お肌の調子がよくいな時は石鹸を使わずに洗顔をしながら肌のコンディションを確認し、問題がない時だけ石鹸を使うという方法もあります。