背中にきびをケアする方法は?

背中にきびのケアは、どのようにすれば良いのでしょうか。まず、背中にきびの原因は汗、皮脂、きつい下着や合わないシャンプーなどによる刺激です。

背中に汗をかいたらすぐに拭くようにすると、にきびはかなりケアできます。汗と皮脂汚れをつけたままの下着をいつまでも着ていないようにして、着替えをまめにすれば、背中の状態は改善します。

にきびが背中にたくさんできている状態で、服の中側がむしむししていると、にきびが多くなってしまいます。皮脂の分泌量が多い人は、背中の中央部分に沿ってにきびができることがあります。

風呂に入って、体をよく洗うことで対策がとれます。ボディーシャンプーに含まれる添加物が合わない人もいるので、低刺激の石鹸や無添加の石鹸を使うのも、背中のにきびケアには有効です。

下着のラインに添ってにきびができている人は、下着が合っていないことが原因です。化学繊維が肌に合わない人もいますし、サイズが合っていないことが原因の場合もあります。

小さい下着をつけていると、皮膚と下着の接点が強くこすられている可能性があります。サイズに合わせた下着を着ているかどうかを、改めてチェックしてみましょう。

化学繊維が含まれていない、吸水性のいい綿100%の下着を身につけることがおすすめです。シャンプーをしっかりすすぐことも、大事なことです。

にきびケアを意識した体の洗いかたは、決して皮膚をタオルで摩擦せず、触り心地のいいタオルで優しく洗います。自宅でできるにきびケアには限度がありますので、症状がよくならない場合は、皮膚科に見てもらいましょう。