スキンケアもポイント

口まわりのにきびケアは、どのようにしたら良いのでしょうか。思春期は、おでこなどTゾーンににきびができますが、大人になると口の周りやあごなどのUゾーンにも、にきびができやすくなります。

ストレスだたまってホルモンのバランスが崩れると、大人の場合はにきびがふえます。大人のにきびは、男性ホルモンの働きで皮脂分泌が盛んになることなどが原因でできます。

成人女性の場合は、生理が近くなるとにきびが増えることがあります。高カロリーの食事をした結果、消化吸収が追いつかずに、お肌のにきびになって現れるということがあります。

腸の活動が低下していると、便秘のリスクが増え、肌トラブルの要因になります。にきびができた理由に、ひげ剃りや、化粧による肌への刺激などがあります。

カミソリの刃が不衛生である場合には、雑菌が毛穴に入ってにきびができることもあるようです。メイクも化粧品には油分が多く、毛穴が化粧品で詰まってしまうとにきびになってしまいます。

にきびのないお肌になるためには、まず、ストレスをため込まないようにしましょう。にきびケアのためには、夜更かしは避け、決まった時間に就寝し、起床するという習慣をつけましょう。

食事も胃に負荷をかけないように内容を心がけ、意識してビタミンB群を摂取するようにしましょう。化粧をした日は、帰宅後すぐに洗い流して、顔の皮膚をいたわりましょう。

スキンケアもポイントです。にきびのケアを目指すならば、健康的な食事と、規則正しい生活を目指すようにしましょう。