にきびケアをするためには、正しい洗顔をすることが基本です。間違ったにきびの洗顔方法では、にきびを改善するどころか、反対ににきびを悪化させてしまいます。

正しい方法で洗顔をすることで、にきびをケアすることができます。手にばい菌がついていると洗顔をしても顔がきれいにならないので、事前に手を洗うようにしましょう。

ぬるま湯で顔を洗うことが、顔に負担のかからず、にきびケアにも有効です。不要な皮脂や汚れだけを洗い落とすためには、ぬるま湯での洗顔がおすすめです。

冷水では毛穴がキュッと引き締まって、汚れ落ちが悪くなります。熱すぎる湯での洗顔は、保湿に必要な油分まで失ってしまいます。

朝の時間が無い時などは、濡れたタオルをレンジで温めて蒸しタオルを作り、顔に当てて毛穴を開いておくのも良いでしょう。

ぬるま湯で洗顔が終わったら、石鹸や洗顔ソープをしっかりと泡立てます。泡を顔の上にのせるようにして、優しく顔を洗います。

皮脂汚れができやすい額や小鼻は特に念入りに洗い、にきびを防ぎましょう。すすぎには十分に時間をかけ、ぬるま湯で丁寧に洗い流してください。

にきびケアのためには、顔に洗顔料が残らないようにします。にきびを下手に刺激しないように、流水ですすぐこともやめたほうがいいでしょう。

タオルでゴシゴシ顔をこすると皮膚が痛みますので、顔を拭く時はそっと水を吸い取ります。お肌にダメージを与えず、にきびをふやさないような洗顔をすることを、目標としましょう。